ラジオにゲスト出演します!

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

生徒たちからは、「みやじまん」と呼ばれています☆

2月16日金曜日、午前9時より1時間ほど、『渋谷の工事』という番組にゲスト出演させていただきます!

▼渋谷の工事
https://note.mu/shiburadi/m/m4129bfa48ca1

お茶の水女子大学長谷川直子先生のご紹介です。
以前、お茶の水女子大学の地理教室の学生がご出演されて、その縁で繋いでいただきました。

▼地理女子の出演回
https://note.mu/shiburadi/m/m4129bfa48ca1

『経済は地理から学べ!』(ダイヤモンド社)を課題図書として、拙著の内容を紐解いていきます。台本がないようなので、脱線・余談ありまくりで番組を進めていくようです。

パーソナリティーの方から、

①代ゼミでどんなことを教えているの?
②予備校の名物先生ってタレント性が必要だったりする?
③教えるのに工夫していることは?
④一般的に地味な「地理」の魅力とは?
⑤もっと「地理」に興味を持って貰うためには?

といったことに触れることができれば楽しくなるかもと思っている、との連絡をいただきました。

脱線必至!
ぜひご視聴ください☆

渋谷、もしくはその周辺であれば、ご視聴頂けます。
周波数は87.6MHzです!

それ以外の地域であれば、上のURLにて後日アップされます。
URL先に、すでに2月9日放送分がアップされていて、それの18分30秒くらいから、次週以降(2月16日分以降)のゲスト情報が読み上げられていて、わたくしの名前が出てきます。

良かったらぜひ☆

不測の事態とはこのこと! デルタ航空が成田ーサイパン便、パラオ便を運休へ。

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

昨日(2/6)、驚くべきニュースが飛び込んできました!

なんと!
デルタ航空が「成田ーサイパン便」と「成田ーパラオ便」を運休するというのです!

▼デルタ航空、成田/サイパン、パラオ線運休へ、5月6日を最後に
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=80639

パラオは、わたくしが初めて訪れた外国であり、サイパンはダイビングのCカード(ライセンスのこと)を取得した場所です。
要するにダイビングの聖地なんです。

パラオ巡検
2011年8月 → 日本航空利用(直行便)
2012年3月 → デルタ航空利用(直行便)
2012年8月 → 日本航空利用(直行便)
2013年3月 → デルタ航空利用(直行便)
2013年8月 → デルタ航空利用 (直行便)
2014年2月 → アシアナ航空利用(直行便)
2014年8月 → デルタ航空利用(直行便)
2014年12月 → デルタ航空利用(直行便)
2015年8月 → デルタ航空利用(直行便)
2016年2月 → デルタ航空利用(直行便)
2016年8月 → デルタ航空利用(直行便)
2017年8月 → デルタ航空利用(直行便)

これまでのパラオ巡検で利用した航空会社の一覧をまとめてみました。
デルタ航空利用9回、日本航空利用2回、アシアナ航空利用1回、計12回です。
もうほとんどがデルタ航空なんですよね。

あっ、「巡検」というのは地理学用語で「地理学研究のための現地調査」、いわゆる「フィールドワーク」のことです。

一覧を見ておわかりかと思いますが、すべて直行便なんです。
これがいかに利便性が高いことか。

成田ーパラオ便は、2010年12月から定期便の就航が開始されました。
パラオ国際空港は、正式名称を「ロマン・トゥメトゥール国際空港」といいますが、そう呼ばれているのを聞いたことがありません。
デルタ航空の機内放送でも、「当機はまもなく、パラオ国際空港に着陸します」といいます。

成田空港からパラオ国際空港までは約4時間半
もしこれを、グラム経由ユナイテッド航空利用で行くとなれば、グラムでの待ち時間を入れて約10時間かかります。
これはかなり難儀しますので、やはり直行便は非常にありがたいものです。

 

 

サイパン巡検
2012年2月 → デルタ航空利用(直行便)
2013年3月 → デルタ航空利用(直行便)
2014年7月 → デルタ航空利用(直行便)
2017年3月 → デルタ航空利用(直行便)

サイパンにいたっては、すべてがデルタ航空利用なんですよね。
成田ーサイパン便は、1989年6月から定期便が毎日就航していて、パラオ便とともに「B757-200型機」という座席数193の中型旅客機が使用されています。

パラオ国際空港が小さい空港なので、大型旅客機の離発着は難しいため、中型旅客機が就航しています。

本誌の取材に答えたDLによれば「2路線の搭乗率は100%に近く、現時点で悪い話は聞かない」が、日本からミクロネシア全体への旅行需要が全体的に減少傾向にあることや、将来的にはLCCの進出などにより市場環境が大きく変化する可能性があることから、「中長期的に見れば不安定」な状況に置かれていることなどを勘案したという。

とのことです。

デルタ航空は2018年1月8日を最後に、成田ーグアム便を運休しました。
これまで成田空港から就航していたデルタ航空のサイパン便、グアム便、パラオ便がすべて運休するということになるのです。

実は以前、サイパンへは日本航空が就航していました。
またパラオへは、日本航空のチャーター便(年に10便ほど)が現在でも就航しています。

デルタ航空が去るのであれば、今こそ日本航空の出番ではないでしょうか!
しかも、サイパン便を運休した当時と違って、今は羽田空港から飛ばすことができます。
利便性はかなり高まります。

デルタ航空のサイパン便、パラオ便が運休するのであれば、代わりに日本航空のサイパン便、パラオ便を定期便として就航させて欲しいところです。
もちろん、離発着は羽田空港でお願いしたいです。

なぜ全日空じゃなくて、日本航空なのかって?

だってわたくしは、JGC会員だから!

 

※2月14日追記

そういえば、次のような記事を思い出しました。

▼「羽田ノウハウ」初の海外輸出 日本空港ビルと双日、親日パラオの観光に貢献
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1711/20/news061.html

▼レポート
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/1000_0821_0354.pdf

これを読む限りでは、日本からの直行便が全滅することはないのではないかと思います。
羽田空港を経営する日本空港ビルがパラオ国際空港の経営に参画するのですから、デルタ直行便の代わりに、羽田空港発の直行便としてJAL便、ANA便が飛ぶのではないかと思います。

2018年度センター本試験地理Bの「ムーミン問題」は、本当に悪問なのか!?

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

受験生のみなさま、二日間にわたるセンター試験、お疲れさまでした。
これから、私大入試、国公立二次試験が控えていると思いますので、引き続き妥協せずに勉強を続けてください。

今回は、1月13日センター本試験初日に実施された、地理Bにおける「ムーミン問題」について思うところを述べたいと思います。

結論から申し上げます。

・今回の問題は「出題ミスの可能性がある」
・出題者の意図することは理解できる
・だからといって、事実誤認の可能性はある
・「~の主な舞台と推測される」、「最も適当であると考えられるもの」という問い方にすれば良かった(要するに言葉足らず)

など、色々と物議を醸す材料のある問題であったことは確かです。

なお、これから述べることは、「代ゼミ地理講師」としてのものではなく個人的な見解であることを断っておきます。

よろしくお願いします。

続きを読む 2018年度センター本試験地理Bの「ムーミン問題」は、本当に悪問なのか!?

センター試験の「地誌」で出題された国・地域の一覧はこちら! 今年は北アメリカ!?

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

センター試験まであとわずかです。

▼2018年度 センター本試験 地理B「第4問」、「第5問」を予想してみました。

2018年度 センター本試験 地理B「第4問」、「第5問」を予想してみました。

にて、出題される地誌の国・地域の予想をしました。
あくまで個人的な意見ですので、予想が当たってもハズレても責任は持てません。

しかし、受験生のみなさんもそれぞれ予想していることでしょう。

ちなみに、2015年度(平成27年度)までの地誌の出題は大問で1つでした。
現行の地誌を大問2つ出題するようになったのは、2016年度(平成28年度)からです。

内訳は、

第4問 国・地域の地誌
第5問 2か国の比較地誌

の2つです。

予想するということは、情報収集から始まります。
今回は、情報の提示、要するに「過去10年のセンター試験において出題された地誌の国・地域の一覧」をまとめたいと思います。

よろしくお願いします。

続きを読む センター試験の「地誌」で出題された国・地域の一覧はこちら! 今年は北アメリカ!?

みやじまんのお悩み相談室 Vol.001 :どうすれば自信が持てますか???

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

センター試験まであと1週間ほどとなりました。
全国の受験生のみなさまは、今どのような心境で勉強をしていますでしょうか。

この緊張感を楽しむくらいの余裕が欲しいところですが、人はそんなに強い人ばかりではありません。
ありのままの自分を受け入れて、残りの時間で何ができるのかを考えることが大事です。

さて、最近Twitter上で流行っている「質問箱」というものをご存じでしょうか?

これは「質問したい相手」に、質問を送ることができるサービスです。
元々は「せせり」という人物が作ったサービスで、開発時間はわずか6時間だったそうです。

開発翌日の11月22日にリリースすると、爆発的に利用者数が広がり、2億PVのサービスに急成長しました。
リリースから1か月後の12月21日には、ベンチャー企業の「ジラフ」という会社が同サービスを買収しました。

わたくしのところにも、質問が届くことがあります。

今回は、これまで届いた質問への回答を、加筆修正を加えてを再度振り返ってみようと思います。

題して!

みやじまんのお悩み相談室!

よろしくお願いします。

続きを読む みやじまんのお悩み相談室 Vol.001 :どうすれば自信が持てますか???

センター試験、地理Bの第1問の出題意図とは?

こんにちは。
代ゼミ地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

センター本試験まであとわずかとなりました。

受験生だけでなく、受験生を始動された先生方も、期待と不安が交錯する時期ではないでしょうか。
もちろん、わたくしもそうです。

普段、代々木ゼミナールにて地理を教えている身分です。

果たしてどんな問題が出題されるのか?
生徒たちは平常心で試験に臨めるか?
地理的思考力などというわけのわからないことを持ち出さないか。

色々と心配です。

過去2年のセンター試験における地理Bの問題構成は、以下の通りです

第1問 世界の自然環境と自然災害
第2問 資源と産業
第3問 都市・村落と生活文化
第4問 国・地域の地誌
第5問 2か国の比較地誌
第6問 地域調査

実はセンター試験というのは、実施している大学入試センターが、その年の事後検証をし、それを「試験問題評価委員会報告書」として公表しています。

▼平成29年度本試験=地理歴史
http://www.dnc.ac.jp/data/shiken_jouhou/h29/jisshikekka/hyouka_honshiken/chirirekishi.html

▼平成29年度追・再試験=地理歴史
http://www.dnc.ac.jp/data/shiken_jouhou/h29/jisshikekka/hyouka_saishiken_copy/chirirekishi.html

それぞれのページに、「問題作成部会の見解」があります。
今回は、地理Bの第1問に限定して「問題作成部会の見解」を見てみたいと思います。

よろしくお願いします。

続きを読む センター試験、地理Bの第1問の出題意図とは?

2018年をどんな年にしたいか、考えてみた。時間×仕事×金×健康

2018年、あけましておめでとうございます!
代ゼミ地理講師・コラムニストの宮路秀作です。

みなさまどのようなお正月を迎えましたでしょうか?
わたくしは、ジャニーズのカウントダウンライブを観ながら年があけました

大晦日って、ちょっとしたお祭りですよね。
面白いこと大好きです。

2017年は本当に充実した一年でした。
しかし、昨日より今日を充実させたいと思うのが人の常。

2018年をどんな年にしたいか、考えてみました。

元旦早々、しばらくお付き合いを願います。

続きを読む 2018年をどんな年にしたいか、考えてみた。時間×仕事×金×健康

大晦日に今年一年を振り返る。やっぱり地理が好き。

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師の宮路秀作です。


生徒からは、「みやじまん」と呼ばれています。

今日は大晦日です。
備忘録もかねて、2017年を振り返ってみようと思って、筆を執ります。

よろしくお願いします。

続きを読む 大晦日に今年一年を振り返る。やっぱり地理が好き。

2018年度 センター本試験 地理B「第4問」、「第5問」を予想してみました。

こんにちは。
代々木ゼミナール地理講師の宮路秀作です。

生徒からは、「みやじまん」と呼ばれています。

久しぶりにブログを更新しようと、筆を執りました。
2018年は、この筆無精を直していこうと思いますので、今後とも当ブログをご愛好頂ければ嬉しいです☆

さて、最近、Twitterで「質問箱」というのが流行っていますね。
これはどなたでも質問を送ることができるもので、回答者は頂いた質問に答えるというものです。

みやじまんも早速登録してみました。

▼質問箱
https://peing.net/miyajiman0621

ありがたいことに、毎日色々な質問を頂きます。
質問する力が著しく低く、くだらない質問もありますけどね、そういうのは華麗にスルーしています。

「(センター本試験地理Bにて)今年の地誌はどこが出ると予想していますか?」

という質問を頂きましたので、予想してみました。

続きを読む 2018年度 センター本試験 地理B「第4問」、「第5問」を予想してみました。

地理といえば、みやじまん。